コンビニ食の添加物の危険性知ってる!?忙しいあなたは大丈夫!?

こんな方におすすめ

  • コンビニ食の食品添加物のからだに与える危険性(影響)を知りたい
  • 忙しくてどうしてもコンビニ食が多くなる
  • コンビニ食ばかりでからだの調子がよくない

こちらの記事を読むとコンビニで忙しい女性がよく買ってしまうものの食品添加物について知ることができます。
食品添加物のからだへの影響や危険性、そして忙しいひとが今後の対策として注意するポイントもチェック項目として掲載しています。

ぜひチェックしてみてくださいね。

コンビニ食の添加物の危険性知ってる!?忙しいあなたは大丈夫!?

忙しい毎日を過ごしているかたにとってコンビニは便利で遅くまであいてるし、お弁当やサラダ、おにぎりやサンドイッチなどすぐに食べれるものばかりで助かりますよね。

自分で作れば1時間もかかるものをすぐ食べれるなんて疲れていたらそちらを買ってしまうという気持ちわかります。

以前のわたしもヘトヘトに疲れた身体を引きずりながらコンビニで夜ご飯を買うことも多々ありました。

でもその便利さの裏側には、あなたのからだを悪くする食品添加物が大量にはいっている事実を知っていますか?

コンビニでよく買うものの添加物についてまとめました。

(参考文献「食品の裏側」/安部司)

「殺菌剤」の入ったプールに投げ込まれるコンビニの「カット野菜」「パックサラダ」

コンビニでは、健康のためにサラダは必ず買って食べていますというかたは要注意です。

なぜなら、長持ちするために「殺菌剤(次亜塩素酸ソーダ)で消毒しているからです。

コンビニの「カット野菜」「パックサラダ」ってきれいなままで長持ちしますよね?

そのために消毒しているんですよ。

でも「殺菌剤」を使っていても加工工程で使われただけで、製品になったときには残っていない、そんな理由から「殺菌剤」(次亜塩素酸ソーダ)という表示は免除されているのです。

どうやって消毒しているかというと、「殺菌剤」の入ったプールに、カットされた野菜を次々に投げ込みます。

しかも1度だけではなく、濃度を変えて数回プールにいれます。

食べた時にシャキシャキ感を出すためにさらにメーカーによっては「pH調整剤」のプールにつけていたりします。

健康のために購入しているカット野菜やサラダがまさか!と思いますよね。

でもこれが現実なのです。

おいしい!?食品添加物てんこもりでおいしいコンビニのおにぎり

コンビニのおにぎりっておいしいですよね?

わたしも独身で忙しい日々に朝ごはんとしてよく購入して食べていたのがコンビニのおにぎりです。

添加物少ないイメージがあるこのおにぎりでさえかなりの種類が使われているのです。

たとえば昆布の佃煮のおにぎりなら、「調味料(アミノ酸等)」「グリシン」「カラメル」「増粘多糖類」「ソルビット」「甘草」「ステビア」「ポリリジン」といったものです。

甘みをだしておいしくするために「アミノ酸」などの化学調味料や「酵素」が、保存性を高めるために「グリシン」などが入っています。

それ以外にもパサパサ感をなくし、照り・つやをだすために、たべるときにフィルムがするっと抜けるように「乳化剤」「植物油」

が使われています。

コンビニのおにぎりだけで10種類近くの添加物をとることになるのです。

大量の添加物のはいったコンビニのハムサンドイッチ

ハムサンドイッチの添加物は、合計13種類が記されてているとします。

ここで注意しないといけないのが、「乳化剤」「イーストフード」「調味料」「pH調整剤」「リン酸塩」「香料」などは、一括表示ということです。

一括表示の裏には2~3種類が裏側で使われているのです。

このことを考えると合計の添加物は20種類以上になります。

「保存料、合成着色料は使用しておりません」を表示されているものも要注意です。「ソルビン酸」などの保存料や「赤色3号」などの合成着色料も使っていないので安心ですよ!と思わせておいて「合成着色料」のかわりに、天然の着色料として「カロチノイド」「コチニール」が使われています。「コチニール」(カルミン酸と表示されることあり)は、サボテンに寄生する虫(カイガラムシ科エンジムシ)を乾燥させて、すりつぶして抽出する色素です。透明感のあるきれいなピンク色が特徴でペーハーを少し変えるとオレンジ色にもなります。ある大手メーカーは繊維飲料もこの色素できれいなオレンジに着色しているそうです。虫をすりつぶしたものが使われているなんでゾっとしますよね。

食品添加物のからだへの影響と対策

最近は健康志向のかたも増えてきているのでコンビニ弁当には、大量の食品添加物がはいっていると注意しているかたも多いと思います。

でも手軽だからといってつい手にとってしまうときがあるかもしれませんが、本当に気を付けましょう!!

恐ろしきコンビニ弁当

10年以上前の話です。

福岡県の養豚農家で死産が続いたことがあったそうです。

やっと産まれた子も豚奇形だったり、虚弱ですぐに死んだりしていたいました。

羊水はコーヒー色に濁っていました。

農場主は、実は豚の妊娠期間である114日前から、コンビニの廃棄弁当をあたえていたそうです。

弁当は消費期限の2時間前に廃棄するので腐っているのではなく農場主が食べても問題のない品質。

人間でいえば3食すべてをコンビニ食にしていたことと同じです。

農場主は合わせて250頭の子豚をなくし、慌てて元の穀物に替えたところ、お産は元にもどったというのです。

(西日本新聞「食卓の向こう側・第2部」2004年3月19日より)

食品添加物の影響とはっきりとはいえませんが、食べ物がからだに与える影響としては考えさせられますよね。

食品添加物のからだへの危険性(影響)

食品添加物はすべてが悪いものとはわたしも考えていません。

「手軽さ」「便利さ」、長持ちしておいしく食べれることはありがたいし恩恵もうけています。

ただ、あまりにいま食品添加物だらけになっているのではと心配ですし、食品添加物のからだへの影響としても「発がん性」の疑いがあるものであったり不妊や奇形への危険性、アレルギーや「脳」への影響も最近よくいわれてますよね。

アトピー性皮膚炎の増加、キレるこどもが増えているということもよく問題としてあがっています。

忙しいひとが食品添加物をなるだけ避けるための対策

日頃から食品添加物について知り、その上で過剰にとりすぎないよう自分で選んでいくことが必要です。

忙しいあなたが食品添加物をなるだけ避けるための対策としては、以下のようなことです。

忙しいあなたが気をつけるチェック項目

  • 必ず商品の裏の表示をみて台所にないもの=食品添加物としてみること、そして少ないものをなるべく選ぶ
  • おにぎりは買わず、ごはんは、おうちで炊く
  • 「カット野菜」「パック野菜」は買わない
  • 加工品は、なるだけ買わない
  • コンビニ弁当は絶対食べない

サラダを食べる習慣があるひとは、コンビニの「カット野菜」「パック野菜」は、もちろんのことスーパーの野菜も農薬や化学肥料がたくさん使われていますので注意が必要です。

農薬使用量が世界においてもトップクラスの農薬大国日本について知りたい方はこちらの記事をチェックしてみてくださいね。

こちらもCHECK

【農薬の危険性・からだへの害】あなたの食べている野菜は大丈夫!?

こんな方におすすめ 日本の農薬使用量を知りたい 農薬による危険性を知りたい 農薬によるからだへの害を知りたい こちらの記事を読むと、世界の国々と比較した日本の農薬使用量と農薬の危険性、人間に与える影響 ...

続きを見る

まとめ【コンビニ食の添加物の危険性知ってる!?忙しいあなたは大丈夫!?】

いかがでしたか?

今回は、忙しい女性がコンビニでよく買ってしまうものを中心に食品添加物の危険性についてまとめました。

自分のからだは、自分自身の食べたものでつくられています。

忙しいからといって添加物こんもりのものばかり食べていたら、からだに不調がでてもしょうがないですよね。

キレやすい子供が増えているようにこころにも影響がある食品添加物。

全部は絶対避けれません!

メリットもデメリットも知ってうまくつきあっていきましょう!!

もっと詳しく知りたいからがこちらをぜひチェックしてみてくださいね。

今回の記事もこちらを参考文献として書かせていただきました。

食品添加物に関しては一番わかりやすいです。

添加物商社勤務の経験から食品添加物の現場に立った自分の経験を最大限に活かしてあってほんとうにわかりやすく説明してあります。

ちょっと怖くなるかもですがおすすめです。

-ココロとカラダに悪いもの, 食品添加物

© 2021 ココロとカラダにいいもの Powered by AFFINGER5