【カット野菜は危険!?】どうやって洗われているかを知ってもあなたは食べたいですか?

こんな方におすすめ

  • カット野菜は危険なのか知りたい
  • カット野菜に使用されている食品添加物を知りたい
  • カット野菜の裏側を知りたい

健康のために毎日コンビニで「サラダ」買って食べているけど、カット野菜に使われている食品添加物って危険なの!?

スーパーのカット野菜って便利だから忙しいとつい買っちゃうけど、体には悪いのかな?

忙しいと、野菜を切るのもめんどうでついスーパーやコンビニでカット野菜を買ってしまいますよね。

わかります。独身時代のハードな日々わたしもそうでした。

ですが、便利ものには裏があります。

「カット野菜」が危険と思われている理由は、漂白剤などにも使用されている「次亜塩素酸ナトリウム」という食品添加物が使用されているからです。

ですが、危険かどうかは断定できません。

なぜなら、国で認められている食品添加物だからです。

カット野菜が危険かどうかを決めるのはあなたです。

本記事では、カット野菜の裏側について紹介しています。

食品添加物である「次亜塩素酸ナトリウム」が、何の目的でカット野菜に使用されているかそしてどのような洗われ方をしているのかを知ってしまったら、今後「カット野菜」を買うことをためらってしまうかもしれません。

それでも知りたい方だけ、読んでみてくださいね。

こんな人が書いています

  • 「農薬」や「食品添加物」について紹介しているブログ運営中
  • オーガニック・無添加生活14年目
  • 宅配大好きで日々5社使いまわしている

毎日、カット野菜を食べていてからだに悪いのではと思っているあなたへ

コンビニへ立ち寄らずとも安心して野菜のビタミンCをとれる方法についても紹介します。

カット野菜が危険と思われる理由

「カット野菜」が危険と思われる理由について詳しくみていきましょう。

「カット野菜」は「殺菌剤(次亜塩素酸ナトリウム)」で消毒されていて表示義務がない!?

コンビニやスーパーにある千切りキャベツやスティック野菜の「カット野菜」って時間がたっても色が変わりませんよね。

よく考えると、不思議じゃないですか?

実は、「カット野菜」は、長持ちさせるために次亜塩素酸ナトリウムで消毒しています。

使用されている「次亜塩素酸ナトリウム」は台所用品の「漂白剤」などにも使われている食品添加物

しかも驚くことに!

「加工工程において、殺菌剤として次亜塩素酸ナトリウムを使っていても製品になったときには残っていない、そんな理由から「次亜塩素酸ナトリウム」という表示義務は免除されています。

表示義務のない「カット野菜」は、商品パッケージの裏側を確認しても使用されているかどうかがわからないということです。

「殺菌剤(次亜塩素酸ナトリウム)」の入ったプールに投げ込まれるコンビニやスーパーの「カット野菜」

どうやって消毒しているかというと・・・

カット野菜の消毒方法

  1. 殺菌剤(次亜塩素酸ナトリウム)」の入ったプールに、カットされた野菜を次々に投げ込む
  2. 1度だけではなく、濃度を変えて数回プールにいれる
  3. さらに「pH調整剤」のプールにつけていたりする(食べた時にシャキシャキ感を出すため)

 

健康のために購入しているカット野菜やサラダがまさか!と思いますよね。これによって野菜の持つ水溶性ビタミンが喪失されてしまうようです。

美容や健康のためと思い、コンビニでカット野菜のサラダを毎日買って食べているのに、見た目や食感、そして長持ちさせるためにこんなことされてるなんて、、、

しかも栄養まで、、、

と思ってしまいませんか?

殺菌剤として使用されている次亜塩素酸ナトリウムは、濃度が薄いにしても「漂白剤」「カビキラー」などにも使用されたりする添加物。

直接、肌にふれたら毒性が強いといわれています。

実は・・・

フードコートで定食の付け合わせにでてきたサラダを食べた時のことです。

一瞬、プールの匂い!?塩素臭がして変な味覚を体験したことがあります。

もちろん、なんだか気持ち悪くて残しましたが・・・

今考えると、あれは次亜塩素酸ナトリウムが使われていたんだなと思います。

外食でだされているサラダも色が変わってしまわないように、次亜塩素酸ナトリウムを使用しているところもあります。

ファミレスのサラダバーなどもそうです。

イオンに売っているキャベツの千切りカット野菜は安全かというと、これまた同じく次亜塩素酸ナトリウムが使用されています。

国が認めている食品添加物だから安全という方もいらっしゃいますが・・・

あなたは、「カット野菜」がどうやって洗われているかを知って本当に安全と思いますか?

そしてこんな「カット野菜」でサラダを食べたり調理したいですか?

殺菌剤(次亜塩素酸ナトリム)だけではないカット野菜の危険性とは!?

「カット野菜」って農薬まみれの野菜って知ってますか?

「カット野菜」は農薬まみれで危険!?

「カット野菜」は、次亜塩素酸ナトリウムのプールに薬漬けにする前の段階で、化学農薬や化学肥料まみれになっているのをご存じですか?

中国産が使用されている可能性もあります。

ちなみにスーパーの国産野菜も同じです。

日本も農薬大国で世界と比べてみても残留基準値も驚くほどに緩和されています。

ヨーロッパからすると汚染された野菜と思われるほど。

自分でカットしてサラダを食べるなら農薬をしっかり落として食べましょう!

 

こちらに【野菜の「残留農薬」落とし方&避ける方法】をまとめています。

コンビニへ立ち寄り、カット野菜のサラダを買って食べる必要がなく安心してビタミンCがとれる方法とは?

毎日、カット野菜を食べていてからだに悪いのではと思っているあなたへ

カット野菜の裏側を知って、あなたは「カット野菜」をこのまま食べ続けますか?

それとも「カット野菜」をやめますか?

カット野菜やめようかなと思っている人へ、実はおすすめの方法があります。

わたしも忙しい独身時代にカット野菜の危険性を知ってやり始めた方法なんですが・・・

この方法ならコンビニに立ち寄り、カット野菜のサラダを買って食べる必要がありません。

そして、無農薬×無添加だから安心して毎日、手軽にビタミンCが摂取できます。

なんだと思いますか!?

答えは、青汁です。

青汁だと、自宅に届くのでストックさえしていれば毎日、水などに溶かしてすぐビタミンCがとれます。

コンビニに立ち寄ってわざわざ、薬漬けのカット野菜のサラダを買って食べる必要がありません!

また、無農薬で無添加だと安心してからだへいれることができますよね。

ただでさえ、現代人は野菜不足といわれています。

だからこそ、疲れた身体をひきづりながらコンビニへ立ち寄りサラダを買って食べているのに、漂白剤にも使用される次亜塩素酸ナトリウムでじゃぶじゃぶと何回も洗って栄養素が少しでも流されてしまったカット野菜を食べたいですか?

「次亜塩素酸ナトリウムでじゃぶじゃぶ洗ったカット野菜をこのまま毎日食べ続ける生活」

「無農薬で九州産の大麦若葉を使った無添加の青汁を毎日の習慣とした飲んだ生活」

どちらがあなたにとって良いのか想像してみてください。

さらに極濃青汁だと、美容・健康に欠かせない生きた酵素も同時にとれます。

それは、極濃青汁 が非加熱製法だから。

一般の青汁は、酵素が死んでしまっています。

また、からだにうれしい乳酸菌やコラーゲンも!

女性であればいつまでも「若々しいね!」っていわれたいですよね。

1年後5年後も健康で元気で好きな旅行なんかもいきたいですよね。

極濃青汁の口コミ

カット野菜サラダは、は200円~300円はかかります。

毎日のカット野菜サラダを無農薬×無添加の極濃青汁 におきかえてみては?

カット野菜のサラダより、安心感×手軽にビタミンCを毎日とることができます。

初回は、送料無料でお得な特別価格1,501円※30スティック入り(送料無料)※3回しばりあり

ということは、初月は1日50円です。

3回しばりがイヤな場合は、単品をおすすめします。

3,974円※30スティック入りで1日130円くらいです。

1カ月だけでも試してみるのはどうでしょう?

カット野菜サラダを毎日買って食べる習慣から、無農薬×無添加の極濃青汁を毎日飲む習慣へ

1か月後のあなたの変化を見て続けるかどうか決めてみては?

極濃青汁 は、なんと!

6回も楽天青汁ランキング1位を取得しています。

みんなが安心して選んでいる人気の青汁なのです。

こんないいことがあります

  • 体に悪いかも!?と思いながらカット野菜のサラダを買って帰らなくてよい
  • 美容や健康に必要なビタミンCや酵素、乳酸菌、コラーゲンがいつでも手軽にとれるから安心
  • 野菜がとれていないという罪悪感から解放される
  • 習慣にすることで朝からスッキリ気分
  • 習慣にすることで美容や健康へつながる

飲みやすいから口コミでも人気!


\無農薬・無添加で安心な青汁/

初回特別価格の極濃青汁をみてみる

まとめ【カット野菜は危険!?】どうやって洗われているかを知ってもあなたは食べたいですか?

カット野菜が危険と思われる理由は4つ。

  • 長持ちするように漂白剤としても使われている食品添加物「次亜塩素酸ナトリウム」で消毒・洗浄している
  • カット野菜の殺菌剤である「次亜塩素酸ナトリウム」は、表示義務がないため使用されているかどうかもわからない
  • 消毒・洗浄によって野菜の持つ水溶性のビタミンが喪失される
  • 中国産の野菜使用がされている可能性があるのと、国産野菜でも世界に比べると農薬使用量が多い

コンビニやスーパーの「カット野菜」の裏側を知ってどうでしたか?

それでも忙しいから食べ続けるという方、それはあなたの自由です。

忙しい現代、「カット野菜」でも野菜をまったく食べないよりは食べたほうがいいかもしれません。

しかしながら食べるとしても、食品の裏側を知り食べるのと知らずに食べるのでは未来の健康においても大きく違ってくると思います。

食べるとき、不安に思っているのなら、カット野菜生活から極濃青汁へ切り替えてみることをおすすめします。

飲みやすいから口コミでも人気!

\無農薬・無添加で安心な青汁/

初回特別価格の極濃青汁をみてみる

忙しい朝に簡単栄養チャージ!朝食スープ

ココノミ
  • この記事を書いた人

キタジュン

1年後、5年後、10年後の元気でハッピーな心とカラダは、できるだけ安心安全な食の積み上げと日々心を癒すことが大切。当サイトでは、カラダが元気になるオーガニック・無添加ライフ情報を中心にライフ歴14年目のわたしが発信しています。宅配大好きで5社利用中。おすすめの有機野菜宅配の紹介もしています。

-農薬, 農薬・添加物他, 食品添加物

© 2022 ココロとカラダにいいもの Powered by AFFINGER5