慣れない環境の変化が多い4月の不調対策は心身の解毒と「鉄」が大事

こんな方におすすめ

  • 環境の変化がありなんだかココロが疲れている
  • なんだかイライラすることが多い
  • ストレスがたまっている

こんなかた、こちらの記事を読むと環境の変化が多い4月ならではの不調について知ることができます。

また不調に対しての心身を元気にするための対策についてもわかります。
ぜひチェックしてみてくださいね。

慣れない環境の変化が多い4月の不調対策は心身の解毒と「鉄」が大事

季節による症状と改善策についてみていきましょう!

4月にでやすい心身の症状

4月というと新年度が始まり会社の中でも異動があったり今までの人間関係から新しい人たちとの関わりがでてきたりと環境がかわる機会も多いですよね。

環境がかわると、慣れるまで精神的なストレスがどうしてもでてきます。

ストレスがかかり交感神経が優位になってしまうと「活性酸素」が発生し肝臓に負担がかかります。

肝臓に負担がかかると代謝や解毒のはたらきが低下しやすくなってしまうのです。

肝臓の解毒がうまくっていないと「肝気鬱結(かんきうつけつ)」という状態になります。

また、3月にひきつづき「肝」が弱って、「血」が不足してしまう「肝血虚」が起きやすくなりこちらも先月同様に怒りやすい傾向になりがちです。

そのため4月は、先月以上にイライラしてしまって心が落ち着かず行動も攻撃的になるのです。

「肝気鬱結(かんきうつけつ)」「肝血虚(かんけっきょ)」を改善するためには?

「肝気鬱結(かんきうつけつ)」「肝血虚(かんけっきょ)」を改善するためには以下の2点が重要になります。

改善ポイント

  • 「肝気鬱結(かんきうつけつ)」を改善するためには、心とからだの解毒を促進する食材をとる必要がある
  • 「肝血虚(かんけっきょ)」を改善するためには、鉄分を補うこと

※参考文献「心がバテない食薬習慣/大久保愛」

また不調の原因、ストレスによる活性酸素の除去のために抗酸化作用が期待できるビタミンCを含む緑黄色野菜などをとることも大事になってきます。

4月の心とからだを元気にするための対策

4月の心とからだを元気にするための具体的な対策をみていきましょう!

心とからだを解毒する食材を摂取

「肝気鬱結(かんきうつけつ)」を改善するためには、心とからだの解毒を促進する食材を積極的にとりましょう。

心とからだを解毒する食材をまとめました。

心とからだを解毒する食材

(内海聡医師のFB参考)

玄米・・・玄米に含まれるイノシトール、ガンマオリザノールは、体内の解毒器官である肝臓のはたらきを強めます。

なるべく無農薬のものを選びます。

梅干し・・・梅干しに豊富な天然由来のクエン酸は、化学物質や放射能の解毒効果が認められています。

天然塩を使って漬けられ、できれば熟成されたものを選びます。

たくあん・ぬか漬け・・・腸内細菌のはたらきをたカメル乳酸菌が豊富な発酵食品。

たくあんは、天然塩を使用して天日干しで作られたものを選びます。ぬか漬けは、無農薬の米のぬかと天然塩を使ったぬか床に、旬の野菜をつけたものを選びます。

納豆・・・納豆菌も、腸内細菌の働きを高めます。

遺伝子組み換えでない豆を使い、できれば昔ながらの手法で発酵させた、食品添加物不使用のものを選びます。

根菜類(自然薯、ねぎ、らっきょう)・・・自然の硫黄を含み、放射能の解毒に効果的です。
海藻・・・10センチ角の昆布1枚で、被爆に使用されるヨウ素1錠分に相当します。
香草・・・しょうが、にんにく、しそ、みょうがなど、香りの強い野菜は総じて解毒作用が期待できます。とくにパクチーは脂肪燃焼力も強く、脂肪を入れ替えて解毒するのに効果的な香草です。
はと麦・・・はと麦に含まれているヨクイニンには解毒作用があり、漢方薬としても使われています。

この中でも香味野菜は、毒素の排出をうながすのとともに気持ちの高ぶりをおさえてくれますよ。

「鉄」の摂取

肝血虚(かんけっきょ)」を改善するためには、鉄分を積極的にとりましょう。

「鉄」の摂取方法についてまとめました。

鉄分の多い食品

食品中の鉄はヘム鉄と非ヘム鉄に分けられます。

動物性食品はヘム鉄、植物性食品は非ヘム鉄という形で存在し、ヘム鉄のほうが吸収されやすいです。

レバーや赤身の肉、魚介は鉄の宝庫です。

野菜では青菜類や大豆製品にも比較的豊富です。

ビタミンCは、鉄分と一緒にとることで鉄分の吸収を高めることができるんですよ。
逆に紅茶や緑茶に多く含まれるタンニンなどは鉄の吸収を抑えるため貧血などが気になる場合は一緒にとるのは避けましょう!

鉄を多く含む食品)100g当たりの含有量】

藻類青のり(乾燥)77.0mg
肉類豚レバー13.0mg
肉類鶏レバー9.0mg
魚介類シジミ8.3mg
魚介類ホヤ5.7mg
魚介類アカガイ5.0mg
大豆・大豆製品湯葉(生)3.6mg
野菜類つまみ菜3.3mg
豆・豆製品油揚げ3.2mg
(参考文献「一生役立つきちんとわかる栄養学」)

毎朝、白湯を飲む(南部鉄器または鉄玉利用)

南部鉄器や鉄玉をいれて毎日白湯を飲んでも鉄分はとれますよ。

また、白湯にはココロとカラダにいいこといっぱいの効果があります。

白湯健康法については詳しく知りたい方は、こちらもチェックしてみてくださいね。

>>白湯健康法の記事はこちら

抗酸化作用の期待できるファイトケミカルの入った食品の摂取

ストレスがかかると過剰な活性酸素が発生します。

それにより疲れや老化、さまざまな不調をもたらします。

活性酸素除去のためには抗酸化作用が期待できる食品をとることも大事になってきます。

いわゆるファイトケミカルが必要です

ファイトケミカルとは、植物が紫外線や虫などから自分を守るためにつくりだす「色」や「香り」そして「苦み(アク)」などの成分のこと。

からだの中で抗菌、抗炎症、抗酸化作用、免疫力の向上などに関する様々な働きをしていることがわかってきています。

ファイトケミカルにはポリフェノール、カロテノイド、イオウ化合物の3つのグループがあり、機能として共通しているのが「抗酸化作用」です。

ストレスによる活性酸素を除去するためにはこの抗酸化作用のあるファイトケミカルといわれる食品をたべることが重要となります。

おもなファイトケミカルと含まれるおもな食品

ポリフェノール植物のもつ色素成分とアクや苦み成分。どちらも強い抗酸化作用がある。アントシアニン→ブルーベリー、ぶどう/イソフラボン→大豆/カテキン→緑茶/ケルセチン→ブロッコリー、タマネギ/ヘスペリジン→柑橘系果実の皮
カロテノイド植物のもつオレンジ色、赤色、黄色の色素成分。数百種類あり、さまざまな効果をもつ。a-カロテン→にんじん、かぼちゃ/B-カロテン→にんじん、かぼちゃ/Bクリプトキサンチン→みかん、ほうれん草/リコピン→トマト、すいか/ルテイン→ほうれん草、ケール/ゼアキサンチン→とうもろこし、桃
イオウ化合物にんにくやタマネギの刺激臭や野菜の持つ辛み成分。強い抗酸化作用、抗菌作用がある。イソチオシアネート→大根、わさび/アリシン→タマネギ、ねぎ、にら
そのほかB-グルカン(食物繊維)→きのこ類/フコイダン(食物繊維)→こんぶ、わかめ、もずく/リモネン→レモン/カフェイン→コーヒー、茶
(参考文献「一生役立つきちんとわかる栄養学」)

抗酸化作用を発揮させるためには、上記の食品を使って効果絶大の野菜スープを飲むのがおすすめです。

詳しいレシピなど知りたいかたは以下の記事もぜひチェックしてみてくださいね。

>>効果絶大!な野菜スープレシピはこちら

ヨガでストレスを解消

4月は、ストレスをとにかくためないことが重要です。

そこで提案したいのがヨガです。

ヨガには、自律神経のバランスを整える効果があるとされているんですよ。

ヨガの腹式呼吸によって副交感神経が優位になり心身リラックス状態にはいります。

それによって疲労やストレスの緩和につながるのです。

オンラインヨガの「SOELU(ソエル)」がおすすめです。

今なら30日間無料でお試しレッスンができますよ。
5:00~24:00までで自分の好きな時間にできるし人にみられたくないときはギャラリー枠でやればOK。
先生にチェックしてもらいたい人は、ポーズチェック枠もありますよ。

予約してやるライブレッスンといつでもできるビデオレッスンが30日間やり放題です。

わたしは、トライアル体験してあまりによかったのでそのまま継続入会しましたよ。

レッスン後は、すごく心と身体がスッキリ!
血流もよくなり気持ちよくてハマっています。

30日間の中で解約すれば一切お金はかかりません。
ぜひチェックしてみてくださいね。

\ 無料で30日間お試しできる /

SOELU(ソエル)公式サイトをみてみる

※ココロとカラダがきもちいい!!

>>>わたしのSOELU(ソエル)体験談はこちら

まとめ【慣れない環境の変化が多い4月の不調対策は心身の解毒と「鉄」が大事】

いかがでしたか?

4月は新しい環境のひとも多いですよね。

新しい出会いにワクワクする気持ちの反面、それになれるためのストレスで不調に陥りやすいのです。

ぜひ今回提案した対策を試してみてくださいね。

やっと寒さもやわらぎ春本番です。

ポジティブに動きはじめるときにココロとカラダが元気だと笑顔いっぱいに楽しめますよ。

あなたにとってすてきな春が過ごせますように!!

-ココロとカラダの不調, 季節ごとの不調

© 2021 ココロとカラダにいいもの Powered by AFFINGER5