経皮毒を避ける!合成界面活性剤不使用のおすすめカラーリングのヘナ染

こんな方におすすめ

  • 美容院でのカラーリングはヒリヒリしたりかゆくなったり灼熱感がある
  • 合成界面活性剤不使用のカラーリング剤を知りたい
  • ヘナ染について知りたい

以前わたしは、美容院でカラーリングするとき、ヒリヒリするような灼熱したような感覚がいつもありました。

「経皮毒」のことを知ってその原因がわかったのです。

合成界面活性剤不使用ので100%天然成分のヘナ染をご紹介しますね。

経皮毒を避ける!合成界面活性剤不使用のおすすめカラーリングのヘナ染

美容院でのカラー剤・パーマ液にも合成界面活性剤と多くの化学物質が含まれているといわれています。

合成界面活性剤不使用のおすすめカラーリングのヘナ染

以前は、2か月に1回、美容院で合成界面活性剤と有害化学物資たっぷりのカラーリングをしてもらっていました。

 

改善点

染めるのをやめました。どうしても染めたいときは100%天然成分でできているヘナ染を自宅でやるように切り替えました。

化学肥料や防腐剤等は一切使用せずに栽培されたヘナの葉を粉末にした、100%天然の髪の化粧品です。
・ヘナとは、インドやエジプトに自生するミソハギ科の植物です。
・使い方は、ヘナのパウダーにお湯を少しずつ加え、マヨネーズ程度のペースト状にして、ハケや手で髪に塗りつけるというものです。
・発色は落ち着いてシックなブラウンで、単独で使用いただくと白髪が濃茶になります。

原材料

インディゴ(ナンバンアイ葉)、ヘナ(ヘンナ)

まとめ

いかがでしたか?

ヘナ染は、初めてやったときに感動するくらい髪がくしどおりよくなったのを思い出します。

ちょっと匂いはきついかなと感じるかたがいるかもしれませんが自然の香りで私は好きです。

美容院で染めてもらうほうがもちろん楽ではありますが、合成界面活性剤と有害化学物質がはいったものかもと思うだけでちょっとイヤな気持ちが・・・

こういった理由からふだんは染めません。

どうしてもってときのヘナ染は、自宅で自分でやることになりますがまったく苦になりません。

めんどくさい時もあるかもしれませんが、これからも自分にも自然にも優しい成分のものを使いたいと思っています。

あわせて読みたい

【合成界面活性剤不使用の日用品まとめ】身体と環境に優しい成分で脱!経皮毒

続きを見る

下記のランキングは、無農薬野菜、有機野菜の宅配の中で「野菜の安心安全面においてのベスト3です。

第1位 100%JAS認定の有機野菜(無農薬・化学肥料不使用)のビオ・マルシェ

第2位 無農薬・無化学肥料のココノミ

第3位 無農薬・化学肥料不使用の坂ノ途中

-オーガニック日用品, カラダにいいもの

© 2021 ココロとカラダにいいもの Powered by AFFINGER5