ストレス倍増でイライラ!?季節の変わり目3月の心身不調の解消法

こんな方におすすめ

  • こころがそわそわして落ち着かない
  • 花粉で頭がボーっとしてしまう
  • こころもからだもなんだか疲れている
  • ストレスが最近ひどくてイライラする

本記事の内容

  • 季節の変わり目、3月のイライラの原因
  • 心身不調の解決法

季節の変わり目って春へのワクワクとは反対に不調もでやすいですよね。
少しでも不調を改善してすてきな春を過ごしましょう!

ストレス倍増でイライラ!?季節の変わり目はタンパク質がポイント

春になると少し暖かくなってウキウキする気分になる反面、1年でいちばんココロとカラダに不調を感じてしまう時期でもあります。

春になると「変な人がでる季節だから気をつけなさい」と親からいわれたことありませんか?

それには理由があるのです。

「イライラ」しやすい春の理由

年に4回ある季節の変わり目の中でも冬から春への変わり目、とくに3月はイライラしたりこころの疲れを感じたりすることが多くなります。

なぜかというと気温も寒かったり暑かったりと不安定だし花粉や黄砂なんかも不快ですよね。

また、わたしたちのからだも変化のときなのです。

からだにいいものと悪いものすべてをためこんでしまう季節から解毒と代謝をする季節に移り替わる時期だからです。

わたしも不調がでやすいのは決まって冬から春になるときです。

春は、植物なども芽がではじめるなど生命エネルギーが活発に動き出す時期ですが、人間も同じく解毒と代謝の働きをしてくれる「肝臓」が活発に動きはじめて負担がかかってきます。

漢方的には肝臓のことを「肝」といいますが、この「肝」の特徴として負担がかかってくると「怒り」がでやすくなってしまうのです。

ちょっとしたことでイライラしたりムカっとしてしまうのは、このせいです。

1年の中でも一番、ココロを抑えきれないほどイライラしたり不安定になったりしてしまいます。

解毒と代謝の働きをしてくれる「肝臓」をサポートする食べ物は?

「肝」(肝臓)に負担がかかって動じてしまうココロとカラダを強化するには「肝臓」をサポートする「たんぱく質」をしっかりとることが大切です。

とくに「こころが疲れた!」と感じるときは肝臓の栄養が足りていないんだとおもって毎日たんぱく質を意識してとってみましょう!

ポイント

① 最低1日に50~60グラム程度のタンパク質をとる(※厚生労働省も推奨)

※赤身の豚肉か牛肉を1日200グラムでタンパク質を約40グラム、たまご3個でタンパク質を約20グラムとれます。

② 必須アミノ酸をバランスよくとること

※鶏肉・牛肉・豚肉・マトン・レバー・たまご・シジミ・イワシ・アジ・サケ・イカ・エビ・カニ・タコなどの動物性のものに多く含まれるためこれらをバランスよくとる

③ 加工食品でタンパク質をとらない

※加工食品にはデンプンや小麦、砂糖などの無駄なものまで食べ過ぎてしまうので注意しましょう

※参考文献「心がバテない食薬習慣」/大久保愛

ココロの不調を改善する方法

ココロの不調を改善する方法としてココロによくないものを知ることも必要です。

そのうえで、改善方法もチェックしてみてくださいね。

ココロによくないもの

ココロによくないものをまとめました。

1年のうち春はとくに不安定になりやすい時期のため以下のことにも注意をはらいましょう!

【ココロによくないもの

  1. 炭水化物のとりすぎ→とりすぎることで脳内でセロトニン(しあわせホルモン)の減少を引き起こし不安に陥りやすいと考えられています。
  2. カフェインのとりすぎ→とりすぎは、不安の調節をつかさどる脳に影響をあたえます。コーヒーなどは1日1杯または、カフェインレスがおすすめです。
  3. アルコールのとりすぎ→アルコールでストレス解消しようとするとアルコール依存症になりかねないし睡眠障害になりますます不安定になります。
  4. グルテン(小麦等)のとりすぎ→依存性もあるし、アドレナリン(興奮効果)やコルチゾール(免疫機能低下)のホルモンによってイライラしてこころの安定を乱します。
  5. 人口香味料(アスパルテーム等)→栄養はないし、腸内で悪玉菌が増えて気分や不安に影響がでることがあります。

ココロにいいもの

①癒される映画をみる

>>【ほっこり癒される映画3選】即!ココロに効いて浄化→やさしくなれるはこちら

②癒される音楽をきく

>>【癒される音楽5選(邦楽)】オトナ女子必見→疲れたこころに効く!はこちら

③日光浴をする

>>【心身健康になるおすすめ習慣!】日光浴でしあわせホルモン!?効果がすごい!はこちら

④白湯を飲む

>>朝の習慣におすすめ!毒だし白湯健康法【鉄分不足のオトナ女子必見!】はこちら

⑤花を飾る

>>お花の癒しの効果がすごい!お花を飾って運気UP!?はこちら

⑥ことば(言霊)にきをつける

>>言葉って運命を左右する!?ことだま(言霊)の力はこちら

冬にたまった不要なものをカラダから解毒(デトックス)する方法

冬にたまったものを解毒するならいま!しっかり解毒してキレイなカラダを手に入れましょう!

解毒効果の高い野菜果物ランキング

たんぱく質とは別に、解毒効果の高い野菜果物ランキングをご紹介しますね。

冬の間、たまった不要なものを解毒野菜・くだものでしっかり解毒しましょう!

【解毒野菜果物ランキング】

第1位 菜の花

第2位 タマネギ

第3位 ほうれん草

第4位 小松菜

第5位 トマト

第6位 ブロッコリー

第7位 じゃがいも

第8位 キャベツ

第9位 にら

第10位 アボカド

※日経ウーマン調べ

野菜やくだものは、なるだけ農薬が使っていないものを選んだほうがいいです。
日本は農薬大国なのでスーパーの野菜は、農薬まみれです。
お得な無農薬野菜のお試し宅配をまとめました。
無農薬野菜って味が濃ゆくて野菜本来の味がしっかりしておいしいですよ。

>>>お得な無農薬野菜宅配お試しまとめはこちら

汗をかくことによる解毒(デトックス)

食べ物をからだへいれての解毒(デトックス)もいいですがそれだけではなく汗をかいてのデトックスも必要です。

お風呂や低温サウナ、運動で汗をかいて新陳代謝を促進していきましょう!

じわっと汗をかくことがポイントです。

汗をかいて解毒(デトックス)する方法

①38度から40度のお風呂で半身浴する

②低温サウナにはいる

③ウォーキングする

④ヨガをする

わたしは、いまオンラインでエガちゃんのCMでもおなじみの「SOEL(ソエル)」でヨガの体験レッスンをうけていますよ。
無料!でお試し30日間受け放題です。
※無料で30日間だけ受けたい人は体験がおわるときまで(30日以内)に解約すれば一切費用はかかりませんよ。

自分で運動っていってもなかなかやりませんが、先生が教えてくれるし運動する習慣がつくからおすすめです。
自分の都合のいいときにできますしね。
ソエルは、朝は5:00~夜は24:00までできます。
ヨガレッスンがおわったあとは、本当に心地よい!ココロもカラダもスッキリ!

ちなみに自分が映りたくないときは、ギャラリー枠でやればだれからもみられませんよ。

\ 今なら無料で30日間受け放題 /

SOEL(ソエル)の公式サイトみてみる

※ココロとカラダを癒して整えよう!

まとめ(ストレス倍増でイライラ!?季節の変わり目3月の心身不調の解消法)

いかがでしたか?

季節ごとにからだのなかも生物や植物と同じで人間も変化します。

それによっての不調がでることを知っただけでも少し安心しませんか?

漠然とイライラしたり不安になったりするだけではなくそれには必ず理由があるので改善する方法を実践しましょう。

今回は、不調の原因の1つとして季節の変わり目からくる不調のおはなしでした。

春は本来はルンルンでいたいですよね。

肝臓をサポートするタンパク質をとる!解毒に効果的なものをためしてココロもカラダもきれいで元気になりましょう!

-季節ごとの不調

© 2021 ココロとカラダにいいもの Powered by AFFINGER5